Bose QC20 Acoustic Noise Cancelling headphonesを使ってみて(購入までの経緯も)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

しばらくカナル型のイヤホンを使うと耳が痛くなってしまうという理由でイヤホンは購入していなかった私ですが、この度久々にイヤホンを購入しました。

購入したのはタイトルにもございますが、Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesです。

では、購入までの経緯と商品写真、商品レビューをお送りしたいと思います。

1.購入までの経緯

冒頭でもお伝えしましたように、私はカナル型のイヤホンを使用すると耳が痛くなるという現象に見舞われた理由でイヤホンからしばらく手を引いておりました。耳が痛くなるのは例えイヤピースでコンプライを使用していてもです。もちろん、シリコンでもダメでした。

そこで、音楽を聴くのは家でヘッドホンもしくはスピーカーのみと割り切っておりましたが、新幹線や飛行機での移動時間に何とか音楽を聴きたいと思い、ノイズキャンセリング付きポータブルヘッドホンを探しました。

結果として、快適で音質も必要十分なものはBOSEのもの以外なく、BOSEに限定する運びとなりました。

さて、そんな時に目に飛び込んできたのがコレ!Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesです。カナル型ではないので、これでカナル型並みの遮音性が得られたら素敵だなぁと思ったら予想以上の遮音性だったという訳です。価格の割に音質はイマイチですが、快適さはピカイチ!音質的に迷いましたが、快適さは大切ということで、すぐに購入しました!

2.商品写真

3.商品レビュー

さて、実際に普段の生活に取り入れておりますが、非常に快適です。一般的なカナル型イヤホンと違い耳に乗せているだけの感覚です。それでもって、ノイズキャンセリングがあるので、周辺の雑音も比較的消えます。(車内放送の音は何故か聞こえますが…)

デザインについては非常に清潔感のあるクリーンなデザインだと感じました。パッケージについてもデザイン的に洗練されており、メーカーのデザインに対するこだわりが見えました。不満はありません。

音質については分かって購入しているので不満ではありませんが、SHURE SE535LTDなどと比較するとやはり音質的に劣ります。何が違うと言われると、解像度や音のキレでしょうか。言葉では言い表しづらいですが、結構違います。それでも、この音質なら聴きたくないというレベルの音ではないので、多くの方が問題なく聴いていただける音質だと感じます。

さて、ノイズキャンセリング性能については皆さんも気になっているのではないでしょうか。基本的には素晴らしいと感じています。イヤホンを付けるまでは聞きたくない音が色々と聞こえる環境でも、このイヤホンを付けると静かな世界が広がります。しかし、注意していただきたいこととしては周辺の音は完全には消えません。例えば、車内放送や電車と電車がすれ違う時の音などは消えません。ですが、現状でも十分な凄さを感じて頂けるはずです。

また便利だなぁと感じた機能がありまして、リモコンの横にあるボタンを押すと周りの音が聞こえるんです!このお陰で電車と電車の乗り換えや、歩いている時でもイヤホンを外さずとも安全に周りの音をキャッチできるという訳です。

まとめますと、

デザインも良いですし、何より快適です。カナル型じゃないノイズキャンセリングイヤホンはすごく快適ですよ!音質こそ価格の割にそこそこですが、十分価値はあると思います。イヤホンで普段、私と同じように感じていらっしゃる方は是非一度お試しください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

フリーワード検索

コメントを残す

*