Apple Music,LINE MUSIC,AWAを使ってみて感じたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

定額制音楽配信サービスとして、デビューした「Apple Music」、「LINE MUSIC」、「AWA」を実際に使ってみて感じたことを自分なりに書いてみようと思います。

先に言っておくと、どれも私の音楽の楽しみ方には合致しないサービスでしたので、トライアル終了後に継続予定はありません。

これは人にもよると思うのですが、私は特定のアーティストしか聴きませんし、本当に気に入ったものしか聴きません。更には、その曲をじっくりと楽しみたいのです。

しかし、これらのサービスはそういった概念とは真逆ですよね。

たくさんのアーティスト、たくさんの曲をシーンに合わせてたくさん楽しむ。言ってしまえば流し聞きのスタイルだなって感じる訳です。

何故ならじっくり派なら、そもそもiTunesで購入したり、レンタルした方が安くて高音質だからです。ストレージに入れてしまえばデータ通信容量を気にする必要もありません。

もしも「私はじっくり派」だと気付いておられるならオススメしないサービスです。

しかし、流し聞きをされている方は実際結構多いと思うので需要はかなりありそうです。

では、これらの配信サービスを活用したいと考えている場合、どういった基準で選ぶのがベターなのか考えてみました。

使い勝手

やはり、使い勝手の良さはかなり優先度が高いでしょう。どれほど美しいアプリケーションであっても使い勝手が悪ければ、長期的に使っていただくことは難しいと考えています。

LINE MUSICが最もよく出来ていると思います。実は流し聞きにもじっくり派にも使い勝手が良いデザインになっています。そう感じる理由は、iTunes Musicのデザインに近く、まずは見慣れている雰囲気であるということ、それだけでなくプレイリストの位置が分かりやすく、目に入りやすいということ。何よりシンプルで美しいです。デザイン面でも安心感もありますよね!

Apple Musicは既にiPhoneにある「ミュージック」のアプリと一体になることで内部ストレージに同期している曲とプレイリストを混合させたりして楽しませる狙いがあるのだと思いますが、デザインがごちゃごちゃしてしまっているという印象です。アプリが一体化することは問題ないと思いますが、情報の整理が行われていない気がするので、私はやはり「iTunes Music」のようなデザインが好ましいです

AWAは最も使いづらいと感じました。まず、クールにしようと狙い過ぎていると感じるのです。ブランディングでいきなり英語で攻めてくるのもそうですし、メニューすら英語です。一瞬手が止まってしまうと私は感じます。それに、新曲や今人気の曲がどこを見ても見当たらないので、根本的に使う気になれませんでした。

音質

どれも大して変わりません。同じ曲をCDでAppleLosslessでリッピングしたものと比較すると大きく劣ります。Wi-Fiに接続していればまだマシですが、じっくりと聴くには辛い音質です。

価格

こういうサービスのターゲット層がどこにあるのか把握出来ていないのですが、学生が中心になってくるのではないかと私は考えています。そうした場合、LINE MUSICは学割があるのでかなりお得です。曲のラインナップも基本的にはどれも一緒だと感じましたし。

まとめ

メインターゲットが学生であるとするなら、LINE MUSICが最も選ばれるサービスだと感じます。
音質も大きな差はありませんし、曲のラインナップもあまり変わりません。
結構な違いが出てくるのは価格と画面デザイン。
そうした時に学割があるLINE MUSIC、今までに使い慣れたデザインと似ているシンプルで使いやすい画面デザイン。
これに加えて、若年層に特に人気のLINEブランドであるということを考えれば、LINE MUSICはかなり強いと思います。

大人であれば、価格はどれも大して変わらないので、使いやすい画面デザインのサービスをチョイスするというのはいかがでしょうか?もしくは、私のように「iTunes Music」や「レンタルCD」を利用するという方が幸せかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

フリーワード検索

コメントを残す

*